良い葬儀業者の選び方

お通夜、ご葬儀、告別式を全て同じものと捉えている方も多いですが、それぞれの儀式に意味があり、最低限守りたいマナーがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

お通夜、ご葬儀、告別式に適した持ち物と服装

お通夜、ご葬儀、告別式を全て同じものと捉えている方も多いですが、それぞれの儀式に意味があり、最低限守りたいマナーがあります。まず、お通夜ですが、遺族以外の弔問客は、黒や紺、グレー等の地味なものであれば、失礼には当たりません。これは、急な悲報を聞き、駆けつけてきたという意味合いを持つからです。むしろ、完璧に整った喪服姿というのも、予め亡くなるのを待ち構えていたように映りますので、注意が必要です。

ご葬儀、告別式では、遺族側も、弔問客側も、黒の喪服が基本です。遺族側では、正式礼装を着用しますが、弔問客は略式礼装でも構いません。男性は、ネクタイ、靴、靴下を黒のものとし、Yシャツは白のものを着用します。色つきのシャツはもちろんNGです。ネクタイピンや華美な腕時計などは外します。女性の場合は、黒喪服の着物か、黒のワンピースやスーツを着用します。ストッキングも黒色とし、バッグも黒にします。黒であっても、光沢のあるバッグはNGです。アクセサリーにも、光沢のないパールかオニキスを選びます。お化粧も派手すぎないように、気をつけましょう。

子供が参列する際には、学校の制服が正式な礼装となります。制服がない場合は、地味な色合いの服装で、フリルやキャラクターがついていないものとし、大人と同じく派手なアクセサリーになりそうなものは外します。以上の、ご葬儀にふさわしい服装で、場の雰囲気を壊さない振る舞いを心がけ、亡くなった方とのお別れの儀式に臨みましょう。

おすすめ情報