良い葬儀業者の選び方

社会人として生活しているなかで、知り合いや友人のほかに会社関係の繋がりなどから訃報の知らせを受ける場合がでてきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

葬儀の際のお悔やみの言葉の注意点

社会人として生活しているなかで、知り合いや友人のほかに会社関係の繋がりなどから訃報の知らせを受ける場合がでてきます。その際にはマナーある対応をするのが社会人として基本となるため、喪服やそのたふくさといった小物などを準備して通夜や葬儀に参列するようにします。知人や会社関係ということであれば、おしゃべりなどもせずに静かに参列するのが良いですが最低でもご遺族へはお悔やみの言葉を伝えることは基本となります。マナーとしてはお悔やみの言葉自体は簡潔に短く伝えることが基本となるので、あまりだらだら長く話をしないようにするのが重要です。

そのほかにお悔やみの言葉では使ってはいけない言葉があるので、その点を注意して伝えることが大切となります。お悔やみの言葉の際には基本的に繰り返す言葉は使ってはいけない言葉となります。たびたびといった言葉やしばしばや再三にかさねがさねといった言葉は使用しないようにします。繰り返し言葉は死がつづくと連想させてしまうという理由から使うことが失礼となります。そのほか死に直結するような言葉などを使うのもマナー違反となるので注意するのが大切です。死ぬや死亡といった言葉のほかに生存といった言葉や生きるといった言葉なども避けるべき言葉となります。

おすすめ情報