良い葬儀業者の選び方

生活している中で突然訃報の知らせというのは届きますので、慌てることなく通夜や葬儀に参列する準備を行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

葬儀の際の故人との対面方法

生活している中で突然訃報の知らせというのは届きますので、慌てることなく通夜や葬儀に参列する準備を行います。とても親しい友人だった場合であれば、すぐに駆け付けたいという人もいますがご遺族への配慮を考えマナーのある対応が重要です。訃報の知らせを受けた時絵も社会人として守るべきマナーはあるので、気持ちだけで動くのではなくマナーある対応がポイントとなります。そんなマナーの中に故人との対面方法などがあります。まず基本となりますが故人と親しい関係であった場合であっても、故人との対面を自ら申し出るのはマナー違反なので気をつけるべきポイントとなります。

逆に親しい間柄だったという点を考慮してご遺族から、対面を進められた場合であれば挨拶をして対面しても問題はありません。その際はありがとうございます、お別れをさせていただきますとご遺族を気遣う言葉をかけることを忘れないようにします。そのあとはあまり時間はかけずに故人との最後の別れの対面を行います。もし対面を進められた場合でも、自分自身が辛いと感じている場合は無理やり対面せずとも大丈夫です。その際はお目にかかるのは辛すぎますという言葉を添えて断りをいれます。あくまでも故人との対面はご遺族からの進めがない限りは、自身から申し出ないようにすることが基本となります。

おすすめ情報