良い葬儀業者の選び方

訃報の連絡を受けた際には通夜や葬儀に参列するよう準備して、マナーある対応をすることが大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

葬儀での供花の依頼方法や贈るタイミング

訃報の連絡を受けた際には通夜や葬儀に参列するよう準備して、マナーある対応をすることが大切となります。その際に故人との間柄がとても親しい人であれば供花などを贈るのもよいです。実際に供花を贈る場合ですが花屋へ直接依頼することも良いですが、基本的に通夜や葬儀が執り行われる葬儀社へ依頼するのが一般的となります。また葬儀社であれば供花の状況なども把握しているので、自身が供花を贈る際に会場とのバランスなども考慮して相談することもできます。また葬儀社のなかでも供花などを担当している担当者と直接依頼するのが、祭壇周りの統一感なども考えて供花を依頼することもできます。

では実際に供花を贈るタイミングですが、最低でも通夜が開始される3時間前まで手配をしないと間に合わないことが多くなります。そのため訃報の知らせを受けた際に既に通夜や葬儀の日取りや場所などがわかった場合であれば、早めに供花の手配を葬儀社へ依頼するのが良いです。もし供花などを依頼するタイミングが遅くなり、通夜や葬儀に間に合わないという場合であれば後飾りとして贈る方法などもあります。自宅に贈る手配となるので、初七日から四十九日までの間に贈るように手配するとよいです。

おすすめ情報