良い葬儀業者の選び方

生活している中で突然訃報の知らせを受けた場合であれば、早々に通夜や葬儀に参列し故人との最後のお別れをするため準備をすることが大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

葬儀に飾る供物を贈る方法

生活している中で突然訃報の知らせを受けた場合であれば、早々に通夜や葬儀に参列し故人との最後のお別れをするため準備をすることが大切となります。その際に故人との関係によっては供物などを贈りたいと考えている人はいます。この供物自体の意味合いですが、故人の霊を慰めるといった意味が含まれています。そのほかには通夜や葬儀会場で供物のほかに供花などで飾り付けを行うように使われています。供物自体は通夜や葬儀が執り行われる葬儀社へ依頼するのが一般的ですが、まずは贈る前に確認すべきポイントがあります。

まず供物の場合は食べ物となるため、処分に困るような物を贈るのはマナー違反となります。そのため日持ちのする缶詰などが多く贈られる供物となります。ただし供物自体は葬儀が執り行われる地域によって風習やしきたりのほかに宗教などによって違いが多いです。そのため贈る供物に関しては事前に宗教や風習などを確認しておくことが大切となります。また逆にご遺族がわから供物の辞退のあるケースがあります。供物を飾る場所の関係や処分に困るといった理由などがあるので、その際は供物ではなく供花などに変えるなどして、ご遺族への配慮を考えて供物を贈るかどうかは決めるのが大切となります。

おすすめ情報