良い葬儀業者の選び方

突然の訃報の知らせを受けた際には速やかに通夜や葬儀に参列するために、速やかに準備を行うことが大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

葬儀の際の宗教毎の供花や供物の違い

突然の訃報の知らせを受けた際には速やかに通夜や葬儀に参列するために、速やかに準備を行うことが大切となります。その際は喪服や小物などの香典といった準備のほかに、故人との関係によっては供物や供花を贈りたいと考える人は多いです。その際は通夜や葬儀に間に合うように贈るのが基本なので、早めに手配することが重要となります。ですがこの供花や供物ですが宗教によって贈る物に違いがあるため、事前に葬儀が行われる際の宗教なども確認しておくことが大切となります。まず仏式としてとり行われる葬儀が一般的に多いですが、供花の場合は白菊やユリやカーネーションなどが贈られます。そのほかに胡蝶蘭といったほかに故人の好きな花などが贈られます。

供物に関してはお線香やろうそくのほかに缶詰やお菓子などが贈られます。神式の場合の供花ですが基本は仏式と同じとなります。色としては白のほかに黄色などを選ぶようにすると良いです。供物に関しては魚などの海産物が多く贈られます。果物のほかに和菓子や酒に五穀などもあります。キリスト教の場合であれば、供花は白い花のみに限られます。花の種類に関しては決まりはありませんが、色だけは白色に統一し花かごのほかに花束でも贈られることが多いです。供物に関してはキリスト教では贈りません。

おすすめ情報