良い葬儀業者の選び方

突然の訃報の知らせはいつ来るかわからず、届いた際には慌てずに通夜や葬儀に参列するための準備を行うことが大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
良い葬儀業者の選び方

葬儀の際の香典を渡すタイミングや金額

突然の訃報の知らせはいつ来るかわからず、届いた際には慌てずに通夜や葬儀に参列するための準備を行うことが大切となります。また故人と親しい間柄であったのであれば、供花や供物といった手配をする場合であれば、通夜や葬儀に間に合うよう早めに手配するようにすることが大切となります。そのほかの準備として香典がありますが、香典を入れるための袋は不祝儀用を用意します。持参していく場合にこのまま不祝儀用の袋のままではなく、ふくさを利用して包んで持っていくようにします。渡すタイミングですが、通夜や葬儀に参列する際の受付の際に渡すようにします。

通夜か告別式のどちらかに参列する場合であれば、参列した時に渡すようにします。通夜や告別式の両方に参列予定であれば、通夜の際の受付で渡すようにします。香典自体の金額ですが、一般的と言われているのが3、000円から10、000円の間で包むのが多いようです。葬儀の場合はお祝い事ではないので、多い金額を包むのは逆にマナー違反となる場合があります。故人との関係にもよりますが、金額には気をつけるようにすると良いです。また香典の場合は一般的に新札の使用はマナー違反となるため、新札しか用意できない場合は一度折り目をつけるなどの配慮が必要となります。